My mission

グローバル人材として活躍できる日本人を増やす

 「グローバル人材として活躍・・・」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。人によってイメージは異なると思いますが、次のような事ができる人を、「グローバル人材として活躍している」と言って構わないでしょう。

  • 多国籍のチームからなるプロジェクトをリードできる。
  • 英語の会議で必ず発言でき、自分の意見を伝えられる。
  • 定型的なものを除き、毎日10通以上の英文メールを書いている。
  • 外国人の部下を持ち、目標の設定、仕事のアサイメント、指揮/監督、業績の評価ができる。
  • 国際テレカンをファシリテートできる。(招集、司会、議論の仕切りなどができる。)
  • 重役相手にプレゼンができて、QAまでこなせる。
  • 国境を越えたミッションが遂行できる。(例えば、技術的なトラブルに対応する専門家の場合、要請に応じてどの国にでも飛んで行く。)
  • 火急の事態の場合、海外関連部門が目の色を変えて対応を始めるメールが書ける。
  • 国際学会で英語でプレゼンができて、QAまでこなせる。
  • (学校の先生向け)英語で留学生向けにシラバスが書ける。

全てに共通して、英語を使うことが必須ですが、役職や役目に相応しい洗練された英語力が期待されるところでもあります。

About myself

申し遅れました。私は、アハ!モーメンツ代表の母袋博嗣(もたいひろし)と申します。 「ビジネス英語トレーナー」を自称しております。当ウェブサイトにお立ち寄り頂き、有難うございます。

 

詳細は、プロフィールに譲りますが、私は、35年に渡る日本アイ・ビー・エム(株)での勤務を経て、2014年に定年退職しました。 外資系企業の草分け的な存在であったこともあり、身の回りに外国人や帰国子女、留学経験者も多く国際的な雰囲気の職場でした。また、自分の業務上の直接の上司(いわゆる、ボス)が米国やカナダ在住という場合もしばしばでした。 思い返すと、そんな環境の中にあって、中学生になる前は全く英語に触れる機会すらなかった自分が長年に渡って生き延びてこられたことが不思議です。 

 

在職中は、製品開発やサポート部門のマネージャーが長く、その間、文字通り連日連夜、日本のクライアントで発生している問題について海外部門と間で交渉や調整を行ってきました。メールで済むこともありましたが、状況が深刻になり関係者が増えて来ると電話会議(テレカン)という形を取ることが多くありました。実際、一日中電話に張り付きになってしまい通勤する時間も取れず、自宅にこもり切りということもしばしばでした。

 

その実践経験から得られた英語で仕事をする上でのヒントを「英語をサバイブする7ステップ」と題する全7回の動画セミナーの形にしてみました。以下のリンクにアクセス頂き、メールアドレスをご登録いただきますと、無料でご視聴いただけます。

 

PCからのお申し込み

スマートフォーンからお申し込み

 

なお、登録される前にどのような動画なのかを知りたいという方、第一回目(STEP1)に関しては、以下からご覧いただけます。

My Service

実践経験に裏打ちされた「ビジネス英語塾」

私の「ビジネス英語塾(個人向け、法人向け)」 を取り入れることで、グローバル人材として確実に一歩先に進むことができます。

 

英語が必須とされるグローバル環境で仕事をする日本人にとって最大の課題は、英語と実践上のスキルアップを同時に実現しないといけないということです。 その英語と実践スキルの両立を図ります。結果として、メールによるコミュニケーション能力の向上し、かつ、英語を長期間に渡り学習し続ける土台を確立します。

 

何故、私にそれができるのか? 私は、今でこそトレーナーとして英語を教える立場でこれを書いていますが、ユーザーとして英語を使う立場であった期間が圧倒的に長いのです。つまり、あなたの目指すスキルアップを先輩として一足先に経験してきたわけです。また、マネージャーであった期間が長く、多くの部下や周りの人を指導する立場でもありました。ですから、どのようなことで多くの日本の社会人が悩み壁にぶつかるかをつぶさに見てきました。

 

巷には、英会話学校やTOEIC対策を謳ったビジネス英語関係のトレーニングなどが溢れています。でも、彼らに英語を教えることは出来ても、実務経験の裏付けが乏しいがゆえに、あなたにとって痒い所に手が届くとまではなかなか行きません。加えて、講師がネイティブの場合、本当に聞きたいことが上手く伝えられず、何となくウヤムヤになってしまうのは誰でも経験することです。(英語を母語を身につけるプロセスと外国語として学習するプロセスが異なるため、これは致し方ありません。)

 

まとめると、「英語」、「豊富な実践経験」の両輪であなたをサポートする。これが、私の特徴であり強みです。

 

「ビジネス英語塾」(個人向け)の詳細は、こちらからどうぞ。

「ビジネス英語塾」(法人向け)の詳細は、こちらからどうぞ。

TOEIC限定「英語コーチング」

今まで述べてきたように、私は自身のミッションを「グローバル環境で活躍できる人材の育成」と自認しているのですが、残念ならが、活躍度を客観的に測るのは難しいことです。

 

そんな中、多くの企業がTOEICテストのスコアによって、ビジネス英語の能力を評価するようにになりました。TOEICが900点超えでも全く話せない、あるいは、その逆があったりと、単純にTOEICのスコアで活躍度は測れませんが、今のところ、他によりマシな指標がありません。また、相当な数の企業がTOEICスコアに対して基準点を定め、昇進や昇給の前提条件としているのも事実です。そのようなケースでは、TOEICの基準点をクリアしているか否かだけで、生涯賃金などで大差がつきかねません。その意味で、TOEICの存在を無視する訳にはいきません。

 

以上の事情を踏まえ、上述の「ビジネス英語塾」とは別に、TOEICのスコアアップに特化した「英語コーチング」を提供します。これは、達成すべきスコアを設定し、戦略を決めて、短期間(3ヶ月が標準)に達成しようというものです。 コーチングという考え方を使い、あなたのやる気を最大限に引き出し、学習が継続することのお手伝いするものです。

 

プロのスポーツ選手の多くには、コーチが付いています。目標を定め、戦略を決め、目標に向かって選手とコーチが併走するのです。問題があれば、その都度、対策を一緒に考え、対処しながら目標を見失わずに進みます。「英語コーチング」に対しては、丁度、そのようなイメージを持っていただくと良いでしょう。

 

TOEIC限定「英語コーチング」の詳細は、こちらからどうぞ。

 

new blog contents


叶う目標と叶わない目標の違い

英語に限らず、望み(目標)には、決して叶わないものと、必ずや叶うものがあります。

 

続きを読む 0 コメント

目標を英語で書き表す技術

上司や部下が外国人という人は、是非、お読み下さい。

 

続きを読む 0 コメント

エスカレーションのタイプを理解する

「エスカレーション」には、2つのタイプがあること、ご存知ですか。

 

続きを読む 0 コメント