ビジネス英語塾(法人向け)

英語力重視の流れは止まらない

昨今、外資系企業に留まらず、日本企業の多くも社員に対してかなりの英語力を要求するようになっています。 中には、英語の社内公用語化に踏み切ったところもあります。 英語力の判定には、TOEICのスコアが用いられることが多く、貴社におかれても、昇進や海外出張などの前提条件としているかも知れません。(最低ラインを600点として、次の段階を730点~800点近辺に設定する場合が多いようです。) 会社として方針を明確にすることで、TOEICスコアの全社平均も順調に上がってきているのではないでしょうか。

しかし、実は、現場は悩んでいませんか・・・?

しかし、実際に英語を使って業務をこなす現場に目を転じると、「まだまだ、英語を本当の意味では使いこなせていない・・・」と感じさせる社員が多いのではないでしょうか。 例えば、次のような悩みが現場にはないでしょうか。

  • 日本人社員が、仕事が出来るのに、英語の会議で相応の存在感を示せない。
  • 緊急性を上手く伝えられず、日本のクライアントが求めるレベルの対応を海外部門から引き出せない。
  • 上位のマネージメントにエスカレーションしたつもりが却って混乱に拍車がかかることがある。

もちろん、場数を踏むにつれ、このような悩みを克服する社員もいます。 一方で、いつまでたってもある一線をなかなか越えられない日本人社員も多いのではないでしょうか。 最も厄介なのは、「他の要素は申し分ないのに・・・」という場合で、英語力だけの問題で、その社員に相応しい評価や尊敬が周りから得られていないケースです。 こうした状況が継続すると、社員自身が大きなフラストレーションを溜め込んでしまうことは言うまでもないことですが、最悪の場合は、かけがえのない有能な社員の離職という形で組織にとっても大きな損失になりかねません。

自己紹介させていただきます

申し遅れました。私は、アハ!モーメンツ代表の母袋博嗣(もたいひろし)と申します。 私は、35年に渡る日本アイ・ビー・エム(株)での勤務を経て、2014年に定年退職しました。 在職中は、主に、ソフトウエア製品の開発やサポート部門のマネージャーを歴任しております。

在職時代を振り返る時、自分自身が実際のビジネスの現場で日常的に英語を用い、これまで数多くの修羅場をくぐり抜けて来ました。

 

加えて、現場を預かるマネージャーとして、継続的に最も心を砕いたのが、上述したような悩みを抱える社員への対応でした。 もちろん、会社としても社員の英語力向上には熱心で、eラーニングの活用などの施策を行っていました。 ただ、こうした施策は、既に出来る人が更に良くなるという結果に終りがちです。 つまり、現場の責任者として本当に何とかしたい社員に対しての効果は期待通りでないことが多いのです。 そんな状況に危機感を募らせた私は、全くのボランティアでしたが、自ら問題解決に取り組もうと決心し、試行錯誤を重ねてきました。 今から思い返すと、長い間には、輪読会や勉強会を400回以上も開催していました。(詳しくは、代表プロフィールをご覧ください。) 参加者の多くが、英語を駆使して海外部門と対等に渡り合える、そのささやかなお手伝いを出来たのは、今でも、自分の大きな誇りです。

 

2015年に個人事業を始め、無料メールマガジン(メルマガ)で毎日少しずつ英語のお役立ち情報を発信していますが、その内容は、在職時に主催していた勉強会がベースになっています。


問題解決をお手伝いする法人様向け英語力養成塾

この度、在職時の経験をベースに、法人のお客様の問題解決を直接お手伝いすべく、少人数を対象とする英語力養成塾の提供を始めることにいたしました。 

以下が、今回の養成塾の概要や特徴となりますが、何より大切なのは、受講生の「本気度」です。予習や復習も含め、英語の勉強に時間を使うことをコミットして頂ければ、私も全力でお手伝いさせていただきます。

受講されているお客様の「声」

法人契約いただいているお客様からの「声」は、こちらから確認できます。


概要と特徴

名称と概要

『対等に渡り合えるビジネス英語力養成塾』

 

少人数制レッスン(1クラスの定員は、5人以下)

60分/回。(終了時刻は、多少前後します。)

4回/月、6ヶ月が標準の一期。

受講生は、レッスン以外にも、毎日30~60分程度を予習/復習に割いて頂く必要があります。復習では、ある程度の長さの文を幾つか暗誦していただきます。(通勤の電車の中などを有効に活用することを推奨いたします。)

     
研修の基本方針  

日々の実務の中で場数を踏んでも、ある一線を越えられないケースでは、その原因の大部分は、基礎力の習得度不足にあります。問題は、今さら、学校に戻ったような勉強をする訳にもいかないことです。

本養成塾では、「パラシュート勉強法」と呼ぶ考えに基づいた、ユニークなアプローチでこの問題に立ち向かいます。 このページの下部にある「間違いだらけのビジネス英語勉強法」にまとめられていますので、ダウンロードしてご参照ください。

     
対象とする受講生 国際的な環境で仕事をしているが、英語力がネックとなり、持てる能力に相応しい評価が得られていなかったり、活躍の場が限られてしまっている社会人。 英語力の強化に向けて、予習/復習を含む勉強に時間を割くことにコミット頂ける方。
     
この塾から得られるもの

ビジネス英語の学習に絶対に必要なのは、誰がなんと言おうが、「長期間にわたり、興味を持って勉強し続ける」事。それを可能にする土台を構築します。

  •  文法など、一通りの基礎力のおさらい
  •  興味の持続する勉強法の実践

また、ビジネス英語では圧倒的に重要な「書く力」の向上を意識したレッスン内容です。

     
この塾では得られないもの

以下は、この養成塾の目的とするものではありません。

  • 英会話
  • 短期間でTOEICスコアアップを目指す受験テクニックの習得
     
開催日時

開催日時や頻度は、ご相談ください。(経験上、就業時間内の開催をお勧めします。受講者に組織として重要視していることを示すことが出来ます。) また、レッスンの内容に関しては、レッスン日以外であっても、メールでご質問頂けます。

開催形態については、ご事情に合わせ、代表が御社にお伺いする場合も、リモートにてレッスンを提供する場合もあります。 詳しくは、ご相談ください。

     
使用教材

基本的には、以下の2つのジャンルの中から選択することになります。特段のご希望がなければ、講師から提案いたします。

  • 業務に直結する読み物(極度に専門的なものは除く)
  • 一般的なビジネス書(書籍、ブログ等)
     
料金、お支払い方法、満足度保証、継続

受講生がお一人の場合、5万円/月より。 受講生が二人以上の場合には、お一人増えるごとに、3万円/月を加算します。(※1)

交通費、教材費は別途。

(※1) 60分レッスンを、月4回実施した場合。外部に開催場所の確保が必要な場合、頻度の変更、早朝/夜間の実施のご要望等に関しては、お見積もりします。

 

一期(6ヶ月)分の料金を全額、事前にお払い頂きます。 開始後、3回目以内のキャンセルのお申し出に関しては、理由の如何によらず、全額返金します。(振込み手数料のみご負担ください。)講師の側の事由で、継続出来なくなった場合には、回数割りで返金します。

 

一期が終了した時点で、受講生様が感じ取られた価値をご評価下さい。 その結果、ご希望であれば、6ヶ月を一単位として、同条件にて継続レッスンをご提供します。 

     
講師 アハ!モーメンツ代表 母袋博嗣
ダウンロード
「間違いだらけのビジネス英語勉強法」
アハ!モーメンツの提供する各種サービスの根底にある考え方(日本人のビジネス英語勉強法はどのようにあるべきか・・・)をまとめたものです。
間違いだらけのビジネス英語勉強法.pdf
PDFファイル 226.6 KB

先ずは、ご相談ください

上記「概要と特徴」からお分かりのように、実際のレッスンの構成は、教材の選定も含め各々のお客様の事情に合わせ、全面的にカスタマイズするものです。

従いまして、このビジネス英語塾(法人向け)をご検討いただけるのであれば、先ずは、ご相談ください。東京近辺であれば、直接お伺いすることも可能です。1時間ほどお時間を頂きまして、御社の現状やニーズについてお聞かせください。また、私からは、このサイトでは説明し切れなかった実績や、この養成塾で採用している勉強法などについても詳しくご説明させて頂きます。

 

なお、ご相談は無料です。 以下のフォームからご希望の日時等をお知らせ下さい。全力でサポートさせていただきます。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓