TOEIC限定「英語コーチング」

ご自分の身近な人で、英語に関してお手本にしたい人がいれば、その人の行動を思い浮かべてみて下さい。何人か思い当たる場合には、共通して見られる行動は何か考えてみて下さい。

 

恐らく、そういう人達に共通することは、「何らかの形で、常に勉強していること」ではないでしょうか。

  • 毎日のようにネイティブからのメールの中での未知の単語や言い回しを調べる機会があったり、
  • 通勤途上でオーディオブックを聞いたり、
  • メルマガで勉強ネタを仕込んだり、
  • 英語のニュースを見たり・・・・などなど

机に向かっていてもいなくても、自分に向いたやり方を探し出して、何らかの形で勉強し続けていると思います。どんなに英語の出来る人でも、勉強のネタが尽きることはなく、日常習慣の一部のようになっているのですね。毎回毎回は微々たるものでも、何年も積もり積もって彼らの力になっている訳です。つまり、「毎日コツコツ勉強する」のが英語学習の王道であって、仕事で使う英語(ビジネス英語)の場合も、この辺の事情は全く変わりません。

 

 

しかし、現実がその「毎日コツコツ勉強する」からの成果が出るのを待ってくれるとは限りません。例えば、TOEICです。最近では多くの企業が社員の英語力を評価するためにTOEICを採用し、中には達成目標点(基準点)を定め、昇進や昇給の前提条件とするところもあります。こうなると、基準点をクリアしているか否かだけの違いで、生涯賃金などで大きな差が出来てしまいます。

 

また、TOEICのスコアは、真の英語力はもちろんですが、テスト対策/準備の巧拙に依って大きく振れるのも確かです。テスト対策自体は、面白いものではないので、出来れば短期間の間に集中的に勉強して、目標のスコアを達成してしまいたいものです。(企業によって異なりますが、英語力を重視する企業では、600点、および、730点前後の2つの基準点を設けている場合が多いようです。例えば、600点以上でないと課長に昇進できず、次長以上では730点が要求される・・といった具合の運用です。)

 

短期集中的に対策するため、TOEICのスコアアップに関しては、「コーチング」と呼ばれる手法を用いるのが最適と考えています。



コーチングをTOEIC対策に活用すると・・・

TOEICに限らす、英語教育にコーチングを活用することは、一般にはまだまだ馴染みの薄いことかも知れません。 ただ、最近では「ライザップ」も同様な考えで市場に参入しており、お聞きになった方もいらっしゃるかもしれません。

 

「コーチング」そのものは、それほど新しいものではなく、1980年代からある人材開発の手法で、コミュニケーションにより自発的な行動を促すのが基本的な考え方です。 「馬車」を語源とするコーチは、クライアントとの間に信頼関係を築き、目的地に無事に届けるのがミッションです。例えば、途中に障害物があれば一緒に迂回路を考えます。 また、実際の進度に合わせ、適宜、その後の勉強内容の微調整もおこないます。大事なことは、これら全てをコーチとクライアントが密に話し合って、合意の上で決定します。

 

また、潜在意識に対する働きかけを重視するのもコーチングの特徴の一つです。我々の行動の殆どは、顕在意識でなく潜在意識で制御されているので、潜在意識を目標達成に向けての味方につけるのは、決定的に大事なのです。

 

以上の特徴を捉えて、「コーチがクライアントと併走する」と表現したりします。

あり得ない威力

この「コーチング」の威力は驚くものがあります。大手情報機器メーカーに勤務される40歳代の会社員の方の場合、過去3回のTOEiC受験歴(旧形式)があり、何れも500点台前半とのことでした。 2017年5月からコーチングを始めましたが、確保できる学習時間を考慮して、「9月の公開テストで600点超え」を目標として掲げました。途中、進捗の実感と場慣れを目的として7月の公開テストを受験していただきました。試験会場では、運悪くリーディングパートが始まったところで腹痛のためトイレに立つという致命的なトラブルに見舞われたとのことでしたが、結果は675点で、目標の前倒し達成となりました。

 

この受講生の方からの生のコメントは、こちらからご覧いただけます。

3ヶ月間コーチが目標達成まで併走します

 

通常の英語レッスンや会話学校を、「教室で先生が生徒に対して教えている・・・」に例えると、今回のコーチングは、「プロ野球の自主トレ・・・」と思っていただくとイメージし易いとおもいます。 次のような特長があります。

  • 明確なゴールの設定と最適な戦略: まずは、コーチがしっかりとお話を聞いて、現状の英語力の把握をし、一緒に、具体的な目標を決めます。(例えば、現状の持ち点が650点で、3ヶ月後の公開テストで730点を達成する。)その際に、特に重要なのが学習時間の確保の見込みです。個人差がありますが、過去のデータから、必要とされる学習時間の目安があります。
  • 途中で挫折させません: 英語に限らず独学は、長続きするのが難しいものです。 得意なものばかりに偏ったり、戦略を誤って遠回りしたり、モチベーションが維持できなかったり・・・。 英会話学校でも英語レッスンでも、この辺の事情は変わりません。 この短期集中コーチングでは、コーチがあなたと密に併走しますので、正しい戦略から逸れることなく、学習が続けられます。 ですので、真剣に取り組めば必ずできます。 ただし、少しスパルタです!
  • 分からないことの持ち越しを根絶します: 分からないことの持ち越しを繰り返すと、学習が嫌になってしまいます。 今回の短期集中コーチングでは、日々の進捗報告と無制限質問を通して、疑問や悩みをその都度一緒に解決します。
  • 場所を問いません: コーチとのセッションは、1回/週のペースで行いますが、オンライン会議システムを使います。ネット環境さえあれば、世界中のどこからでも参加いただけます。 逆に、出張だからといってサボれません! 
  • 高い実績を誇る手法: 今回のプログラムを始めるにあたり、「コーチングを英語教育に適用する」という手法を日本に導入し、成功率93.3%を誇る先生からコーチング技術を直接伝授頂きました

先ずは、お問い合わせ下さい

「英語コーチング」は、3ヶ月間で達成すべきゴールを決めて、取り組むプログラムです。

 

次回の人事考課までにTOEICスコアを目標点に引き上げて、次のような夢を実現しませんか。考えただけで、ワクワクしますね。

  • 管理職昇進の条件をクリアして、年収アップにつなげたい
  • 上司から英語の件でブツブツ言われるのに終止符を打ちたい
  • 胸を張って海外勤務の希望を出したい
  • 将来の転職に備えたい
  • 家族からも「良かったね」と言われたい
  • 社内で、もっと英語を使う部署への異動希望を出したい

 

 先ずは、以下のフォームからお問い合わせ下さい。

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓