有料メルマガ 課題#4

以下は、2021年5月17日以降の有料メルマガに於ける英作文課題の一覧です。

2021年5月17日: 自分のことを気に掛けながらジョギングしていると、突然、見知らぬ人に話しかけられた。

 

2021年5月20日: 顧客を装ってその問題となっている会社に連絡したのですが、驚いたことには、翌日、その会社は忽然と消えてしまったのです。

 

2021年5月24日: ロバート、このメールの写しにて、お客様の現場で状況がどのように進展するか目を離さないでいただければ幸いです。

 

2021年5月27日: 私は、トム・スミスの前勤務先に於ける雇用状況を確認しようとしております。貴殿が以前の上司であったと伺っております。私が必要としておりますのは、彼が御社に勤務していた日付及び役職です。(背景:一昔のような終身雇用とは行かなくなり、労働力の流動性が高まっています。この課題では、中途採用した社員について、前職に関して調べる必要がある場合を想定します。)

 

2021年5月31日: 当社は、いかなる場合においても、以下に記載されている状況に対しての責任を負わないものとします。

 

2021年6月3日: 私たちのチームが開発部門と連携するのをお手伝い頂けると助かります。デービットが親切にも協力を申し出てくれているのは幸運です。

 

2021年6月7日: 3倍以上のトランザクションを処理し、弊社の製品は競合製品を凌駕する。

 

2021年6月10日: 次回問題が発生したときに、完全なダンプをいくつか取れれば、非常に助かります。(背景:客先に導入したシステムに問題が報告されているのですが、これ以上の解析を進めるには問題発生時の資料(ダンプ)が必要です。)

 

2021年6月14日: 最近のアンケートに於いて、“当社からのアドバイスは、貴社がプロジェクトを財政的に妥当であることを示すのに役立ちましたか?“と尋ねました。結果は、大いに元気づけられるものでした。

 

2021年6月17日: 全ての管理職は、多様性を考慮しつつ、将来リーダーシップの役割を担える可能性のある従業員を特定して評価するように毎年求められています。

 

2021年6月21日: お客様が満足していると思われる問題に対してのみフィードバックをお伺いすることはフェアとは言えない。

 

2021年6月24日: 管理者は、自らが管理しているシステムに関連する情報のみを受け取ることが望ましい。

 

2021年6月28日: 企業文化を変えることは単に必要なだけでなく、全従業員に対してあなたの出来る恩恵でもある。

 

2021年7月1日: お客様が理解できるような形で、判明したことの全てをまとめていただき、ありがとうございます。

 

2021年7月5日: 25年間の勤務を経て、田中さんは引退することを選択しました。我がチームが業界のリーダーとなるため20年以上に渡り重要な役割を果たしてきました。

 

2021年7月8日: この状況に於いては、根本原因を特定するために何をしたかをお客様に説明する必要があります。 そうして初めて、提案している回避策について話題にすることが出来るでしょう。

 

2021年7月12日: 彼は、減量の為、お気に入りのスイーツを一月控えている。本当に固い決意をしているようだ。

 

2021年7月15日: 明らかに、田中さんの方が、人事権を持つマネージャとしてのキャリアは豊富です。 一方、トムは英語力と技術的専門知識の点で優れていると見なされています。(背景:昇進候補者として2名の部下に対する意見を求められた場面を想定します。)

 

2021年7月19日: 田中さんと私は、7月16日にマイクと会う機会があった。彼は、たまたま重要なクライアントに会うため日本に滞在中だったのである。

 

2021年7月22日: ある日本人の方が言っていたのですが、人々は退職して名刺がなくなると喪失感を味わうことになります。

 

2021年7月26日: 確実に言えることとして、顧客が主張していることの証拠がないのです。我々の取り得る最善の策は、顧客のデータを取得し、社内でテストを実施することです。

 

2021年7月29日: 既存の顧客はすでにサポートポータルに精通しており、全てではないにせよサポート要求の大部分をそこに登録しています。従って、彼らにとって、サポートポータルへの切り替えは全く問題ないはずです。(背景:人件費を抑えるためでしょうが、どの業界でも、サポートの窓口が電話からネットへと急速に切り替わっています。)

 

2021年8月2日: 暫定的な解決策であることに鑑み、当社(COMPANY)は、その使用から生じる可能性のある直接的、間接的、または偶発的な損害について一切の責任を負わないものとします。(背景:IT関連製品では良くあることですが・・、製品の不具合が報告された場合、顧客の状況が緊急を要する時には、かなりのリスクがあっても暫定的な解決策を強く求められる場合があります。)

 

2021年8月5日: 提出されたパッケージは、貴職の活動の具体例に対する適切な参照を含み良く書かれています。私は貴職が“経験豊富”レベルに相応しいと確信いたします。(背景:会社に依って、昇進プロセスは異なります。何らかの試験を課す場合もあれば、本人の業績をまとめたパッケージを提出させ、それを管理職が審査するという場合もあります。今回は、後者を想定します。)

 

2021年8月9日: 現在、レポートは90日超の問題のみ含んでおり、レビューするにはある程度扱いやすい分量です。しかし、バックログ(未処理案件)が減少すれば、レポートには60日超、そして次に40日超の問題が含まれるようになります。(背景:サポート部門の責任者であるとしましょう。未解決の案件を減らすことは、顧客満足度の観点で極めて重要です。当然、長期に渡って未解決なものから注意を払うべきです。)

 

2021年8月12日: 貴職に取りまとめていただいた説明は、エグゼクティブ・サマリーではなく問題管理記録のようです。(背景:技術的な問題に関して、詳細は担当者しか把握できないでしょうが、概要を上級管理職に伝える必要があります。)

 

2021年8月16日: 日本市場では競争は苛烈で、従業員の振る舞いが競合他社よりも明らかに優れていないと勝てないのです。

 

2021年8月19日: 我々の免疫システムは、その驚くべき何層もの防御により、感染を引き起こす有機体から我々を守ることが出来るのです。

 

2021年8月23日: 電話会議は問題ありませんが、午後7時30分は都合がつきません。火曜日の夜は、午後5時から10時までの電話参加が私にとっては非常に困難な状況です。午後10時以降の通話は出来れば避けたいのですが、緊急の問題であって、30分以内で終わることをお約束頂けるのであれば、対応させていただきます。(背景:海外部門の担当者から、急用があって電話会議を開催したい旨の申し入れを受けた状況を想定しましょう。相手の希望する時間では都合が悪いのです。)

 

2021年8月26日: スティーブは、彼の膨大な経験とスキルでもって、我がチームに大きな価値をもたらすことは間違いありません。(背景:組織内の人事異動があり、大きな戦力となりそうな人が加入しました。)

 

2021年8月30日: このオファーは弊社が最終確認をした上で有効になることを、ご了承ください。

 

2021年9月2日: その顧客によると、使用メモリが2GBを超えたことは一度もない。従って、顧客は、初期メモリサイズ及び最大メモリサイズを4GBに設定することは十分すぎる余裕を見たものと考えている。

 

2021年9月6日: 今年3月に最初に報告されて以来、表題の問題は未解決のまま長期化しています。顧客は現在、開発部門から来週誰かが出向き、問題の進捗状況を説明するよう声高に要求しています。

 

2021年9月9日: 物事が今のように上手く進んでいると、人は全てを当たり前と思い込み、彼らをこの段階に至らしめるために投入された努力を忘れてしまう傾向がある。

 

2021年9月13日: 貴職は、すべての顧客のフィードバックに耳を傾け、顧客ロイヤルティと満足度を向上させるため必要な変化を支持しないといけません。

 

2021年9月16日: これらの対策が実施され、少なくとも2021年いっぱいは、仕事量を上手く処理できるようになることに確信があります。

 

2021年9月20日: 私は顧客の状況が今のところ安定していることを嬉しく思います。 しかし、問題が解決されたとは言えないし、たとえ一時的とはいえ問題が直った理由に関してこれっぽっちのヒントもありません。

 

2021年9月23日: 彼は、平均的な人が人付き合いに費やしているのと同じ時間で、膨大な量の仕事をこなすようなのです。

 

2021年9月27日: ご提供頂きました情報は、弊社に於けるトラブルシューティングプロセスの迅速化に役立つものと確信しています。

 

2021年9月30日: 私は、耐えることのないテキストメッセージで余りに頭が一杯で、深刻な性質の仕事をする時間が残っていない。

 

2021年10月4日: 多くの企業は、短期的な利益を追求するあまり、顧客満足度を後回しにすることがよくある。

 

2021年10月7日: このような長文のメールを差し上げるつもりはなかったのですが、私が何をしていたかについて少しばかり説明をさせて頂きたいと考えました。

 

2021年10月11日: 私自身を始めとする全てのマネージャーは、部下が実際に示した結果のみに基づいてその業績を評価し、同僚との相対的比較を行う必要があります。

 

2021年10月14日: 我々が時間通りに約束を果たせる限りに於いては、あなたは、予定されたテストにかかる時間に対して気をもむ必要はありません。

 

2021年10月18日: 後々深刻な問題になるといけないので、あなたはトムが不平を言っていることを彼の上司に知らせる必要があるでしょう。

 

2021年10月21日: ラインマネージャーとして、ホームページで発信される情報をお待ちいただき、従業員に対する会社の立場を補強することにご協力ください。

 

2021年10月25日: 現時点での最大の疑問は、何故この顧客のみがこれほど多くの問題に遭遇したかです。彼らの環境の何がユニークであるかについての情報を入手したいと思います。

 

2021年10月28日: 日本に於いては、この業務は“カスタマーサービス”と呼ばれる専任のチームによって行われていますが、これはマーケティング組織内にあると思います。

 

2021年11月1日: ラインマネージャーとしての貴職は、傘下メンバーが時間をかけてこれらの資料を学ぶことを促し、継続的に利用できるさまざまなリソースの存在を彼らが確実に認識するようにする必要があります。

 

2021年11月4日: 全てのマネージャーの皆さん、

チームの進捗状況を報告するに際して困難がある場合、以下のリンクをクリックすることで、チームの報告プロセスを詳しく説明しているファイルをダウンロードすることが出来ます。

 

2021年11月8日: すべてのマネージャーは、未対処の2021年第3四半期の要求をレビューし、それらのいずれかを第4四半期以降に延期するか、あるいは取りやめることも含めて決定する必要があります。

 

2021年11月11日: 自分では認めたくないくらい長い年月を生きてきて、次の誕生日は私の人生での節目となります。(背景:もうじき還暦を迎えるような人のつもり・・・)

 

2021年11月15日: 貴職も良くご存知のように、社内でのキャリアアップの観点から田中氏に我々が期待しているのは、グローバルな知名度です。

 

2021年11月18日: この特定の欠陥は、我々が試したすべてのバージョンに存在します。 しかしながら、試した全ての正確なバージョンは定かでありません。

 

2021年11月22日: この免責事項の意図は、どこかの誰かが問題が対応してもらえると言ったとユーザーが誤解するのを避けるためのものです。(背景:ソフトウエアのツールの中には、“as is”で提供されているものが有ります。フリーもしくはごく安価なものに多いのですが、技術的な不具合い等があっても対応を期待できず、現状のままで使うことが前提となります。)

 

2021年11月25日: 電話で述べたように、トムは、この特定の顧客及びその関連会社の全てに対するセールス・リーダーです。

 

2021年11月29日: チームリーダーとしてトムは完全に人選ミスであることを確信し、私は彼の代わりを急ぎ探す必要に迫られた。

 

2021年12月2日: ここでの問題は、データベースに対して読み取り操作を実行している間はデータを更新できないことです。

 

2021年12月6日: そのお客様の意見に同意します。 率直に言って、この機能は常に私の最大の悩みです。製品をデモするたびに、ほぼすべての見込み客が同じ質問をして来ました。

 

2021年12月9日: 2021年12月20日、当社は創業20周年を迎えます。 この注目すべきイベントは、我々全員が、自ら行ってきたことを振り返り、多くの成果に誇りを持つ機会となるでしょう。

 

2021年12月13日: 業績フィードバック(FB)を提示するプロアクティブなモデルを使うことで、貴職の部下に対する業績FBを劇的に変えるのに役立つ幾つかのシンプルな手順を学びます。(背景:年末が近くなり、部下と今年度の業績について話し合いの機会を持つ管理職の方は多いと思います。)

 

2021年12月16日: 良いアドバイスを頂き、感謝します。今後誤解を招くことがなくなるよう、貴職にご説明頂いた通りにこのビジネスパートナーにお伝えする所存です。

 

2021年12月20日: 彼女の参加が必要な状況に立ち至ったら、彼女に連絡をとって、会議へ参加(ダイヤルイン)するよう頼みます。(背景:ある案件を議論するために電話会議を企画していますが、ある特定の人の参加が本当に必要であるか否か判断できない場合が有ります。)

 

2021年12月23日: 第4四半期で、好調な業績を達成したことに対し、全てのチームに心から感謝申し上げます。これは、疑いもなく、現在も進行中の変革の成果です。

 

2021年12月27日: 顧客満足度に関しては、日本地域は先月以降、本質的に変わっていない。

 

2022年1月6日: こうしませんか。昼食に出かけて、食事をしながらその問題にどう対処すべきか話し合うのです。

 

2022年1月10日: ここ日本に於いては、数名の同僚マネージャーと共に、成績評価プロセスを既に開始しています。このプロセスは終了しておりませんが、今回提供している順位付け(ランキング)は、今後起こり得る調整に依る影響を受けることは恐らくありません。

 

2022年1月13日:導入から6か月が経ち、新しいスキーム(仕組み)を見直して、何が上手く行っていて、何が上手く行っていないのかを判断すべき時になりました。ことさら、これは、顧客満足度にどう影響しているのでしょう?

 

2022年1月17日: 御社の対応は満足できませんで、そちらの会社で私が存じ上げている最高位の幹部にこの苦情の写しを入れております。(背景:購入した製品やサービスに不備があって苦情を言うことは良くあることですが、もっと欲求不満がつのるのは、その苦情に対しての対応が酷い場合です。)

 

2022年1月20日: 開発部門に於いては、負荷管理の観点から問題は見つかりませんでした。 更に調査を続けております。

 

2022年1月24日: 根本原因を突き止める必要があります。私は誰のせいなのかを判断しようとはしていません。何しろ、我々は皆同じ会社に属しています。ですが、同じ間違いを再度起こさないために、何が問題だったのかを突き止める必要があります。

 

2022年1月27日: このプロジェクトが開始されてからわずか12日しか経っていません。それにもかかわらず、信じられないでしょうが、その間に3人ものエンジニアがプロジェクトを去ったのです。

 

2022年1月31日: その熟語(it)を意見が違っている人に対して使う場合、“自分は相手よりも優れており、相手の知らないことを知っている“とその人が信じていることを意味する。(熟語”a thing or two”の用途の説明文)

 

2022年2月3日: こと広告キャンペーンの実施になると、専門家の助けを得るのは確かにペイしますが、何らかのヒントと良いアドバイスがあれば、貴社自前のキャンペーンが効果的に実施出来るはずです。

 

2022年2月7日: かつて増員する機会を与えられたのだが、当時のマーケティング状況のため、我がチームはそれを断った。

 

2022年2月10日: 私のチームの渡辺さんが2021年の社長賞を受賞しました。これは、年間を通じて示された彼女の優れたサポート活動に対する賛辞でした。

 

2022年2月14日: ご要望頂いたような会議は社内で状況を共有するのに有意義ですが、この問題を迅速な解決にはほとんど貢献しません。迅速な解決こそ顧客のために必要とされるのです。

 

2022年2月17日: 現在のマネジメントシステムでは、私がそれに気づくことなしに人員数の変更が起こることがあり得るため、ある特定の日に“貴職の組織には何人所属しているか?”なる問いに答えることは不可能と考えます。

 

2022年2月20日: ビッグ・データ分野での革新と貢献により我々のチーム所属のスティーブ・ホワイトが○○○フェローに任命されたことを皆で祝福しましょう。(背景:多くの企業に於いて、技術分野で大きな業績を挙げた社員に“○○○フェロー”との肩書を与えます。記憶に新しいところでは、リチウムイオン電池でノーベル賞の吉野さんは旭化成名誉フェローです。)

 

2022年2月24日: 昨年12月に実施された主な変更点は、仕事割り当て規則の部分的修正だったが、早期指標はその変更が確実にバックログの縮小に寄与することを示している。

 

2022年2月28日: スティーブ・ホワイト氏には豊富な経験とスキルがあり、マーケティング部門に多大な価値をもたらすことは疑いの余地がありません。また、私は彼の開発部門への多くの貢献に個人的に感謝したいと思います。(背景:開発部門から有能な人材をマーケティング部門に迎えることになり、そのことを関係各位に伝えるメールです。)

 

2022年3月3日: 貴職チームに於いて、ソフトスキルの分野で要求基準を満たさないメンバーを特定すべきです。彼らが改善に向けて踏み出すたに、ソフトスキルトレーニングの利点を伝え、直ぐに使えて簡単にアクセスできるソフトスキルトレーニングリソースの存在を認識していることを確認してください。

 

2022年3月7日: サポート対象のバージョンへの移行を顧客に促すためにあらゆる努力をすべきであるという点で、私たちは完全に一致しています。この意味で、最近提起されたすべての質問は、我々の共通目的の達成に資するものです。

 

2022年3月10日: 今度の貴職メンバーとの業績評価会議に向けて十分に準備するため、直ぐにでも利用できるリソースが幾つか存在することをご承知おきください。

 

2022年3月14日: 皆さん全員、大変に素晴らしい仕事を成し遂げました。一丸となった皆さん全員に与えることが出来た称賛と表彰に対して皆さまが誇りを感じて頂きたく思います。(背景:上位のマネージメントから最も成果を挙げたチームに対して称賛と感謝を伝えるメールを書いてみましょう。)

 

2022年3月17日: ご同意いただけるかと思いますが、我々は主として、挙動が悪いタスクが実行されるのを防ぐため、念入りなやり方を提供しようと努力してきました。

 

2022年3月21日: ご自分のパスワードを新しいセキュリティ要件に準拠するものに変更する準備をしてください。 システムが正常にアップグレードされた後に、パスワードを変更することが重要です。

 

2022年3月24日: 近々行われる電話会議では、私から当社の業績に関する概要を紹介します。その後、各チームリーダーにマイクをお渡ししますので、何か問題や課題、必要とする支援があれば5分(時間厳守!)でお話しください。(背景:各拠点を結ぶ全社ミーティングの進め方について、事前に調整している局面です。)

 

2022年3月28日: 我々は、自社及びクライアントのシステムと情報を保護できる能力を実証する必要があります。そして、そのことは、当社の戦略に不可欠であると見なされています。

 

2022年3月31日: 従業員は、1年間の勤務を満了しない限り有給休暇を取得することはできません。

 

2022年4月4日: お客様が私たちに期待しているものは、重大な問題が発生した場合に、製品スキルを持った人がすぐに現場に駆けつけることである。

 

2022年4月7日: 公平性を高めることを目的として、顧客からの営業時間外の電話を受ける担当者を決定する手順を変更しました。

 

2022年4月11日: 貴職にこの問題の責任者となっていただき、お客様と協業して、何が問題なのかを明確にして頂きたいのです。(背景:顧客からの苦情にも色々あります。製品/サービスが複雑なものであると、一番厄介な状況というのは、何が問題でどう困っているのかが関係者全員に共有されていない場合です。)

 

2022年4月14日: “製品別の顧客満足度”というレポートを実行しようとしていたのですが、上手く行きません。何らかの理由により、生成された結果が空なのです。

 

2022年4月18日: ジュリーは今月末で退職することになっており、誰が彼女の仕事を引き継ぐことになるかをこちらで調整させて頂きます。

 

2022年4月21日: 田中氏は、海外の顧客の一つを代表して来ている来客に彼の秘書を同行させた。

 

2022年4月25日: 弊社では、次期リリースの一般公開(GA)に先立ち、一部のお客様と共同で実環境でのテストを行う新たな取り組みを展開しようとしております。(背景:IT関連では普通に行われますが、新規にリリースする製品を、一般向けの公開に先立ち、数件のお客様の実際の環境で使って頂き、品質を確認することが有ります。)

 

2022年4月28日: 適切なソリューションを提供できれば、今後、当社の提案が次々とお客様に採用されると考えています。

 

2022年5月2日: メールを書いている時に、問題番号をコピー&ペーストするためだけに、最初のタブに戻ることがよくありました。

 

2022年5月5日: IT端末に比べ、ユーザー端末での応答時間が2倍であることを考慮すると、顧客のネットワークに何らかの問題があるはずだ。

 

2022年5月9日: すでにアンケートに返答されたのであれば、大変に結構なことで感謝します。もし未だであれば、私もそのようにしたのですが、カレンダー上で15分ほど時間を確保して、アンケートに答えてみてください。(背景:最近では社内でもアンケート調査が良く行われるようになりました。ただ、社内調査の性格上、忙しいと後回しにされることも多く、管理職からのプッシュが必要なこともあります。)

 

2022年5月12日: あなたの情報は、私が問題の根本原因を突き止めるのにとても役に立ちました。

 

2022年5月16日: その顧客では、3日毎にシステムハングが起きていました。すべてのアプリの再導入を行ったのですが、効果がありませんでした。

 

2022年5月19日: 開発部門は、お客様での取引の“開始時間”と“終了時間”を是非知りたいと言っております。このような状況ですので、お客様に置かれましては、今後、それらのデータを記録して頂くようお願いします。

 

2022年5月23日: ABCパイロットの当初の計画では、日本の少人数グループの参加が必要でした。しかし、プロセスを見直した結果、全地域に展開することにしました。

 

2022年5月26日: 社長から賞賛を受けると、私はいつもチームのことをとても誇りに思います。今日も例外ではありませんでした。一言で言い表すと、皆さんは凄いです!