「サイト・トランスレーション」をご存知ですか

英語の速読の訓練には欠かせません。

 


ひとことで言うと、「英語の原文を目に入った単位ごとに口頭で翻訳すること」です。速読するため、日本語としての洗練度は犠牲にしても、訳す過程で原文を遡るのを最小限にしようという考えです。通訳になるための訓練法の一つですが、通常の英語学習においても非常に有用です。

 

原文 → The problem which was reported by the customer last week does not reproduce here. 

 

先ず、目を左から右に動かしつつ、キリの良い固まりに区切っていきます。 

キリの良い固まりとは、文の中の主要な要素(主語、動詞、目的語、補語)や長い修飾語などです。(「スラッシュ・リーディング」と呼ばれるプロセス)  

 

区切った結果 → The problem / which was reported by the customer last week / does not reproduce here. 

 

 

次に、以下に留意しつつ、口頭で翻訳していきます。

• 区切った固まりの順に沿って訳す。

• 各々の固まりの中での語順は前後してもOK。

• 日本語として成立するように、状況に応じて適当な語を付け加えて訳す。 「つまり」、「~と言うのは」、「それは、~なのですが」など。

 

そうすると、次のような訳文が出来上がります。

 

訳文 → 「その問題 / それは、先週、お客さんから報告されたものですが / ここでは再現しないのです。」