学習の4段階

日本人にとっての英語に限らず、我々が生きている間に獲得するスキルのほどんどは、学習という行為を通して身につけます。そして、必ず4つのステップを経ると言われており、「学習の4段階」と呼ばれます。 

  • 無知の無能
  • 意識の無能
  • 意識の有能 
  • 無意識の有能

クルマの運転で考えてみましょう

これを理解するために、「クルマの運転」というスキルを例に取りましょう。 最初の段階では、誰もクルマの運転に関して何の知識もありません。 当然、実際の運転も出来ません。 多分、エンジンを始動することすら出来ません。 これが、第1段階の「無知の無能」状態です。

 

次の段階としては、教習所に通い一通りのことを教官から教えてもらいます。 このように勉強することである程度は知識が頭に入りますが、いきなりクルマは実際に運転はできませんね。 これが、第2段階の「意識の無能」状態です。

 

次に、教習所内の練習コースに出て実際にクルマを動かしてみます。 その時のことを思い出してくだいさい。 きっと、ブレーキを踏んでからエンジンを始動する、ハンドルをどの程度切るべきか、切ったハンドルをいつ戻すべきか、ブレーキはいつ踏むべきか、車間はどの程度取るべきか・・・等、教えてもらったことを一生懸命思い出しながら、クルマを動かしたのではないでしょうか。 つまり、頭で考えながら(意識しながら)、たどたどしくやっているイメージです。 これが、第3段階の「意識の有能」状態です。

 

更に進んで、免許を取って何ヶ月か経ち運転に慣れてくると、最終的には運転のことを何も考えることなく運転できる段階に至ります。 なので、運転しながら隣の人と結構複雑な会話をしたり、音楽を聞いたりということが出来るわけです。 これが、最終の第4段階の「無意識の有能」状態です。 よく、スキル(技能)に関して、「身についている・・・」という表現がされますが、これは第4段階のことを指すのでしょう。

「学習の4段階」と英語の関係

では、「学習の4段階」と英語がどのように関係してくるのかを考えてみましょう。 英語と言っても範囲が広いので、とりあえずは、「関係代名詞」について見てみましょう。

 

例として、「これが私があなたにしてあげられることの全てです。」を英訳する必要があるとします。 次の関係代名詞の使い方が違う3つの英文の中の1つが文法的に誤りなのですが、分かりますか。 

  • This is all that I can do for you.
  • This is all which I can do for you.
  • This is all I can do for you.

 

正解(つまり、文法的に誤っているもの)は、2番目なのですが、ここでは正解に至るプロセスに注目したいと思います。

 

英語ネイティブは違和感で分かる

恐らく、多くの英語ネイティブは、「口ずさむ」ことで正解が分かります。 考え込む必要もなく、理由に思いを巡らせることもなく、「無意識に」違和感を覚えるのでしょう。 つまり、英語を学習ではなく本能で身につける英語ネイティブは、第1段階(無知の無能)から一足飛びに第4段階(無意識の有能)に至っていると考えられます。

 

日本人は、先ずは文法的な理解が必要

残念ながら、我々日本人は、英語ネイティブのようには行きません。 英語は学習を通して身につけるべき外国語ですので、上で説明した「学習の4段階」を必ず経ることになるのです。 つまり、第2段階と第3段階を飛ばすわけには行かないのです。 この場合の第2段階とは、文法的な理解です。 (今回の例だと、先行詞が不定代名詞なので関係代名詞は”that”でなければならない。 また、目的格の関係代名詞は省略可能・・・・といった解説になります。) また、第3段階は、その文法的な理解をもとに幾つか練習問題に取り組むことです。 もちろん、第3段階を繰り返すと、最終的には第4段階に至ることができます。 こうなると、英語ネイティブと同じように、口ずさむことで無意識に正解が見つけれれるようになります。

 

何れにせよ大事なのは、我々の場合、必ず第2段階(頭で理解する)と第3段階(その理解を意識して使ってみる)は必ず通らないといけないということです。 巷には、「聞き流すだけ・・・」とか「文法は不要・・・」を謳った教材もありますが、ビジネスで使えるレベルの英語を目指すのであれば、全く不十分です。

 

 

私の提供するレッスンでは、何れも、この「学習の4段階」についてご説明するとともに、特に第2段階(頭で「なるほど!」と納得していただく瞬間)を大切にしています。 提供しているサービスについては、こちらを御覧ください。